• HOME
  • AIキーワードでできる20のいいこと

AIキーワードでできる20のいいこと 20

1.長期のモニタリング

AIキーワードを使用すると、キーワードのパフォーマンスを長期間に渡ってモニタリングすることができます。すべてのデータはGAに保存され、いつでもどこでもアクセスできます。

2.検索結果の順位を分析する

AIキーワードはGoogleの検索結果のページ(Google.co.jp)の各キーワードのサイトの順位を表示します。1日ごとの順位を表示します。

3.順位変更のモニタリング

個々のキーワード、フレーズ、サイト、またはカテゴリが検索結果のページでの順位が下落し始めた場合、それに気付くためのアラートをGAで設定することができます。

4.周辺キーワードの認知

1位に近い周辺キーワードを見つけることができます。実際のデータを見ながら対策することができます。

5.成果に繋がる「儲かる」キーワードを発見

最も収益を上げ、サイトを最適化する鍵となるキーワードを見つけることができます。どのキーワードが成果に繋がり、どのキーワードが繋がりにくいのかがわかります。

6.新しいキーワードへの気付き

ユーザーが検索するキーワードをより良く深く理解できます。中には思ってもいなかったキーワードで検索されているかもしれません。それらのキーワードで成果をあげるためのコンテンツを作成しましょう。

7.新しいランディングページのアイデア獲得

新しいランディングページのアイディアが膨らみます。キーワードデータに基づいた新しいユーザーの検索動向見つけ、それらに合った適切なページを作成します。

8.直帰率の理解

「直帰率の高いキーワード」と「サイトのコンテンツ」が「ユーザーの検索結果」と一致するかどうかがすぐにわかります。

9.キーワードの価値の評価

AIキーワードは、各キーワードの正確な価値を見つけるのに役立ちます。この情報を使って、SEO戦略の無駄な時間が減ります。

10.実施しているSEO対策の評価

あなたの行っているSEO対策の評価ができます。例えば売上高の何%がブランドキーワードに起因したり、上位の自然キーワードは何なのかを理解することができます。

11.(NOT PROVIDED)の解決

最終的には、(NOT PROVIDED)を取り除きます。ユーザーの(NOT PROVIDED)を見る機会は5%以下に減少します。(最大値。AIにより、どんどん状態がよくなっていきます)

12.デバイスごとの順位分析

PC、あるいはスマートフォン、タブレット…デバイスごとの順位の違いを発見できますので、その後の改善に役立ちます。Googleのモバイルインデックスも対応済みです。

13.SEA(検索連動型広告)の効率化

オーガニック検索でどのキーワードがよくコンバージョンされているかを確認できることで、同一キーワードセットの検索連動型広告の広告費を抑制できます。

14.ロングテールキーワードの分析

ロングテールキーワードの可能性を拡げることができます。GAにはすべてのクエリが表示されます。

15.ブランドキーワードの発見

どのユーザーがブランド名(会社名、商品名、サービス名)で検索し、どのようにサイト内を行動してコンバージョンを達成しているか発見できます。 ブランド名でのキーワードの性能を詳しく分析します。

16.GoogleアナリティクスおよびEXCELでの作業可能

AIキーワードのデータをGoogleアナリティクスで分析したり、ダウンロードしてExcelを使用した分析が可能です。

17.行動理解

キーワードは「ユーザーの意図の現れ」とも言い換えられます。どのような意図を持ったキーワードがサイト内でどのように行動するのでしょうか? これらを理解できます。

18.GOOGLEアップデートの分析

AIキーワードの開発チームは、ほかのサービスよりもGoogleのアルゴリズムの変更に迅速に対応し、Googleのアップデート方法をよりよく理解しています。

19.サテライトサイト同士の共食いの最小化

同じくらいの順位にある可能性を秘めた自社運営の他のサイトを見つけ、それらを組み合わせたり、差別化して最大のものを得る作戦を立てることができます。

20.ターゲット設定の評価

間違ったキーワードを使用していないか確認できます。思っていたものとまったく異なるキーワードが使用されていることが発見できます。