not providedが見えるとWEBマーケティングが変わる!

さようなら!Not provided

WEBマーケティングに必須なキーワード表示解決ツールがAIキーワード

WEBマーケティングの敵である検索キーワードのnot provided。
not providedはSSL(https)化が原因で表示されてしまうのですが、not providedの中身を見えるようにするツールがあります。
そうしたツールを使えばユーザーの検索キーワードを知る事が出来ます。

では、not providedが見えるようになるとWEBマーケティングはどのように変わるのでしょうか。

1.キーワードのパフォーマンスがわかる

not providedが見えるようになって一番大きく変わるのが「キーワードのパフォーマンス」が見えるようになる事です。

not providedが表示されているままではそのページにどんなキーワードでユーザーが流入してきているのかという事を把握する事は出来ませんでした。しかし、新たにnot providedの中身を見えるようにするツールを使う事によってキーワードを見る事ができ、パフォーマンス(直帰率、CVRなど)を知る事ができます。

2.新しいキーワードの発見


コンテンツを作成すると想定していたキーワード以外でユーザーが流入している場合があります。こうした想定外の新しいキーワードを発見できると新規コンテンツを作成する際に役立てるなどWEBマーケティングに役立てられます。

しかし、not providedの中身が見えないと、こうした新しいキーワードを発見する事が出来ません。

ツールを使ってnot providedの中身が見えるようになれば新しいキーワードを発見する事が出来るので新規コンテンツを作成する際に役立てたり新しいWEBマーケティング施策を行う際に参考にする事が出来るようになります。

3.コンバージョンしたキーワードの確認

WEBマーケティングを行う上でCVRはとても重要な指標です。not providedの中身が見えないとキーワードのCVRを確認する事ができません。その結果、見当違いのWEBマーケティングを行ってしまうなど貴重な時間や予算を無駄にしてしまう可能性があります。

not providedの中身がわかるようになればキーワードごとのCVRもわかるようになるので無駄のないより正確なWEBマーケティングを実現できます。

not providedの見える化で大きく変わる


not providedの中身が見れる事による代表的なメリットはこれら3つです。しかし、この3つはマーケティングを行う上で特に重要なものです。

not providedの中身が見える事によって検索キーワードに関する様々な情報が把握できるようになります。そして、それらの情報は今まで以上に正確なWEBマーケティングの計画や実行に役立てる事が出来ます。not providedの中身が見えるかどうかにより、WEBマーケティングの成否が決まると言っても過言ではないと思います。

Googleアナリティクスのnot providedの中身を見てみたいという人はぜひツールを試してみてください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧