not providedが見えるようになったらまずチェックすべきポイント

さようなら!Not provided

not provideとは?なぜnotprovidedと表示されるのか?

Googleアナリティクスで表示される、Google検索、Yahoo検索からの流入検索キーワード結果が(not provided)となってしまっています。
これはhttps化によってwebセキュリティ向上を目指すために起こっていることですが、しかしユーザーに検索されいているキーワードを知りたい、把握したいと思いますよね。

Ai Keywordを使えばたった数クリックでnot providedと表示されていたキーワードを見る事が出来ます。not providedと表示されていたキーワードが見れるようになるといろいろなメリットがありますが、その中でも特にチェックすべきポイントをご紹介します。

not providedと表示されていたキーワードが見れるようになっただけではAi Keywordを100%活用出来てるとは言えないので、ぜひこれを参考にしてみてください。

パフォーマンスチェック


Ai Keywordを使えば、今までnot providedと表示されていたわからなかったキーワードが見れるようになります。それと、同時にキーワードのパフォーマンスを確認する事が出来ます。

SEO対策をしていたキーワードについて直帰率や滞在時間、ページ/セッションなどをチェックしてみましょう。狙っていたキーワードのSEO対策がうまく出来ていたとしても直帰率が高いという場合もあると思います。

その場合はSEO対策をするキーワードを変えるなどの新しい対策が必要となってきます。

新しいキーワードの発見

keyword
Ai keywordを使うと今までnot providedとして表示されていなかったたくさんのキーワードをチェックすることが出来ます。これらの中から新しいキーワードを見つけるのも重要です。

キーワードのリストを見ていると思いがけず直帰率が低いキーワードやページ/セッションが高いキーワードを見つける事が出来ると思います。さらに、思いもよらないページが思いもよらないキーワードで上がっているという可能性もあります。

こうした、今までnot providedと表示されて見つける事が出来なかった新しいキーワードを見つけるのもAi keywordを使いこなすポイントです。

キーワードのコンバージョン


WEBマーケティングを行う上でキーワードのコンバージョンをチェックするのはとても重要な事です。Ai keywordを使えばnot providedと表示されていたキーワードの中身を見る事が出来るようになるのでnot providedと表示されていたキーワードのコンバージョン率なども確認できるようになります。

not providedと表示されていたキーワードのコンバージョンを確認する事によって・・・

・キーワードのCVRがどの程度なのか
・キーワードがどの程度収益に貢献しているのか
・優先的に対策すべきキーワードの発見

というようなnot providedが表示されたままでは実現できなかった様々なメリットがあります。Ai Keywordを利用することによってこうしたメリットを受ける事ができるようになるのです。

Ai keywordはWEBマーケティングの強い味方


このようにAi keywordを使ってnot providedの中身が見れるようになると、キーワードに関する様々なデータをチェックする事が出来ます。今まではnot providedによって隠されていたデータが見れることによって、あなたのWEBマーケティングをより効率的で正確なものにしてくれます。

Ai keywordはWEBマーケティングの強い味方なのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧